引っ越し/転勤

停電して分かった必要な物・あればよかった物【災害】

ちゅらよめ
ちゅらよめ
ちゅらよめです🐻
ツイッター(@tyurayome)
インスタグラム(@housewife_tera)

2019年9月9日に千葉県に上陸した台風によって大規模停電が発生しました。

ちゅらよめもその停電を実体験したひとりです。

9月9日の早朝から9月12日の早朝までの約3日間自宅が停電し
冷蔵庫・冷凍庫の中身は全滅
室内30℃を超える暑さの中クーラーが使えない

極めつけが
オール電化だったため
IHクッキングヒーターが使えないので料理できない
エコキュートでお湯が出ないのでお風呂に入れない
といった、生活ができない日々が続きました。

実体験したちゅらよめだからこそお伝えできる
停電時に備えておくべきものを紹介していきたいと思います。

必要なモノ・あればよかったと思うモノ

カセットコンロ

備え付けのIHで
停電のため使用できなくなりました。

自宅にあるのは、電気鍋しかなく
非常用にカセットコンロを持っていなかったので
もしカセットコンロがあれば
冷蔵庫の中身を捨てずにある程度
消費できたのでは?と思います。

イワタニ カセットフー 達人スリムⅢ CB-SS-50
Iwatani(イワタニ)

しかし、今考えると気温が高く
クーラーも使えない中で
カセットコンロを使用していたら
すごく暑くなっていたのでは?と思います。

 

夏:ハンディ扇風機

停電時、うちわでずっと仰いでいましたが
ハンディ扇風機を使用しているひとが
多くいらっしゃいました

手持ちでも使えるし
卓上にも置いて使えるものは便利ですし
暑い季節の停電には
暑さしのぎには使えると思います。

冬:ガスストーブ 

今回は、9月で気温が高い季節に発生した停電でしたが
冬の寒い季節の暖房器具で使用可能なのは
ガスストーブや石油ストーブです。

石油ストーブも電気がなくても使用できますが
停電時ガソリンスタンドも使用できなところがほとんどなので
ガスボンベで使用できるガスストーブが便利だと思います。

懐中電灯

恥ずかしながら
停電当初ちゅらよめの自宅には懐中電灯がなく
スマートフォンのライトや
タブレットのライトを使用していました

スマートフォンは家族や友人と連絡を取り合うことのできる
唯一の手段なので
スマートフォンのライトは瞬時には便利ですが
使い続けるということは避けたいところです。

手持ちタイプしかないという方は
懐中電灯を片手で持っていると
何も作業ができないので
卓上に置けるタイプ(ランタン型)の懐中電灯を
オススメします。

常備食・常備水

停電時、自宅の近くのスーパーやコンビニは
営業不能状態で
なにか商品を購入するということができませんでした

常備食や常備水は
用意しておくべきだと思います。

発電機

災害大国の日本では
自分の身は自分で守るためにも
一家に一台発電機が必要なのかもしれません。

正直いってお値段は高めですが・・・
1台あれば必要最低限のライフラインを
確保することができるので
ちゅらよめも検討したいと思っています。

まとめ

台風15号により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

停電した際、すぐ復旧するという安易な考えで
1日目の日中暑さで自宅にいることができず
車を走らせ少し離れた商業施設で涼みにいき

もお電気がついているだろうと自宅に近づくと
ゾンビタウンのように真っ暗で
電気が通っていないことを悟り
「どうしよう」と
その時に初めて事の重大さに気づきました。

自宅で就寝しようと試みましたが
暑く、命の危険があると思い
旦那と相談し急遽ホテルに泊まるコトとなり
結局2日間はホテル、1日は自宅で過ごしました。

自宅マンションの他の住人の方は
車内で過ごす方や
身寄り(親族等)のいる方などはそちらに行かれたとは思います。

今回の台風15号で、ちゅらよめは3日間の停電で済み
幸いに断水もありませんでした。

9/9日に停電が発生してから9/27におおむね復旧とのことでしたが
まだ数百戸復旧していない場所もあるようです。

3日間で身体的にも心身的にもかなり疲労したので
約3週間もの間停電・断水された方は
本当につらいものだったと思います。

「備えあれば憂いなし」

身を持って体験した3日間でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top